上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    地面に降り立つトランクス

    地面に降りるとき、気の加減が難しいように思います。
    飛び立つときは、気を一気にためて、足の裏あたりから放出(?)するんじゃないでしょうか。
    (FR方式。FF方式やら四駆の人もいるだろう)
    逆に、降りるときは一気に気を抜くと、「どーん!」と降りることになりますが、
    DB界の空飛ぶ皆さまは「タッ!」とか「スタッ!」とか
    軽い感じで降りているので、
    ゆっくりと気を抜きながら、足に負担のかからないレベルまで落として降り立つ…のかなあ、と。
    自分にできるだろうか…?

    …と、地面に降り立つトランクスを見て思ったのでした。


    今回は、DB史上最もミステリーな回と呼ばれる(←自分が呼んでるだけ)、
    2台のタイムマシンと奇妙な卵の話でした。

    この部分の話は見てて怖いです。
    まさか、さらに未来から誰かが来ているとは思わなかったし、
    卵の中身はないし、どうなってるの…?って感じで。

    次回はもうセルが登場してしまうので、恐怖の正体がすぐわかっちゃうんですけどね。


    ●トランクス

     トランクスが未来の過去を思い出す描写はアニオリですが、
     どんな気持ちでトランクスがここにいるのか、わかりやすくなってますね。
     なぜトランクスがこの時代に来たか、この時代に何をしにきたのか。
     トランクスが背負っているものは重い。
     
     ブルマの「美しいお母さん」発言で赤くなるトランクス…。
     
     トランクスはかっこいい。かっこいいが、
     かっこいいだけじゃお父さんみたいにはなれんぞー。


    ●ブルマ

     ちびトランクスをママにあずけて出かけるブルマ。
     実家で子育てをしているブルマ。
     もしそうじゃなくて、ベジータ含め核家族のように3人で暮らしていたら
     寂しんぼのブルマは「あたしを置いてどこ行ってんのよー!!!孫くんなんてどうでもいいじゃない!」
     …って怒ってたかも。
     ブルマにとっては一番いい形の結婚だったと思います。
     ブルマはブルマで、ベジータはベジータで、我慢も遠慮することなく
     それぞれの人生をエンジョイしてるもんね。

     いや…どういうライフスタイルにしろ、
     二人とも我慢も遠慮もしないだろう…。

     家族という形態を保つには、
     ブルマの実家に住むという選択は正しかった。






     


    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    コメントフォーム
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    みかB

    Author:みかB
    ドラゴンボールだとか日々の雑記だとか

    ※このサイトはバードスタジオ・集英社・フジテレビ・東映アニメーションとは一切関係がありません。


    web拍手 by FC2

    拍手・コメントはこちらからどうぞ♪



    サイトバナー

    MyPixiv

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ***

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。