上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    線画悟空rev1

    ドラゴンボール発電計画のコンテンツ4つのうちの一番最後、『「ドラゴンボール」を読み解く』をご説明します。

    いわゆる、ドラゴンボール考察です(←説明も何もアンタ・・・)。


    私は、この世には、
    ・「ドラゴンボール」を好きな人
    ・「ドラゴンボール」を知らない人
    の2パターンの人しかいないと思っていました。

    自分は、前まで「ドラゴンボール」を知らない側の人でした。たから、「ドラゴンボール」を、
    ただのバトル漫画。
    死んでもすぐ生き返るご都合主義。
    たいした伏線もない単純なストーリー展開。
    ・・・と認識していました。

    いや、もう、頭のてっぺんを地べたにつけて、平伏してあやまるしかないんですけど!!!!!

    自分がそうだったものだから、「ドラゴンボール」を知ったら、みんな好きになると思っていたのです。世界中で愛されていて、連載終了から何年も経った今でも人気があり、連載を知らない子どもたちが「かめはめ波----!」ってしてるわけですから。

    なので、改を見ている友達から「ドラゴンボールがわからない。おもしろくない」と言われたとき、絶句してしまったのです。

    いや、おもしろいんだよ、コレコレこんなふうに!
    ・・・と言えればよかったんでしょうが、私は言えなかったのです。

    はたと、自分は「ドラゴンボール」の何にここまで魅了されているんだろうと思ってしまったのです。

    ようやく友達に言えた言葉は、「ドラゴンボールって不思議な作品なんだよ」。


    たいていの作品は、展開は違えど、初期の段階の人物構成図がキーになっています。そこに、新たに魅力的な人物が入ってきたりしますが、読者の感情移入が強いということもあり、初期の人物が主人公の気持ちを代弁したり、状況を説明したり、最後まで大切な役回りを果たします(まあ、全部の作品がそうと言えるほど、大量に漫画を読んでいるわけではないので、私の知る範疇ということになりますが・・・)。

    なのに、ドラゴンボールの場合、最後のシメを飾ったのは後半から登場したべジータなのです。

    なんでなんだろう。
    どうしてべジータなんだろう。

    「ドラゴンボール」ってなんなんだろう。

    これが、私の最大の『ドラゴンボールの謎』です。

    ドラゴンボールのファンブック、ファンサイトは公式非公式幾多もあり、考察もされてきました。いろいろ読んでみました。でも、この謎を解決できる回答は見つかりませんでした。

    回答はないのかもしれません。読者毎にドラゴンボールの世界があり、読者毎の考え方があるわけですから。ならば、自分で「ドラゴンボール」を考えてみよう。

    それが、『「ドラゴンボール」を読み解く』なのです。

    いつか「ドラゴンボール」の真髄に近づく日が来るのかなあ?



    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    コメントフォーム
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    みかB

    Author:みかB
    ドラゴンボールだとか日々の雑記だとか

    ※このサイトはバードスタジオ・集英社・フジテレビ・東映アニメーションとは一切関係がありません。


    web拍手 by FC2

    拍手・コメントはこちらからどうぞ♪



    サイトバナー

    MyPixiv

    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ***

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。