上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    こんな夢を見た。


    腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、
    静かな声でもう死にますと云う。

    女は長い髪を枕に敷いて、
    輪郭の柔らかな瓜実顔をその中に横たえている。
    真白な頬の底に温かい血の色がほどよく差して、
    唇の色は無論赤い。
    とうてい死にそうには見えない。

    夢一夜

    しかし女は静かな声で、もう死にますと判然云った。
    自分も確にこれは死ぬなと思った。

    そこで、そうかね、もう死ぬのかね、と上から覗き込むようにして聞いて見た。

    死にますとも、と云いながら、女はぱっちりと眼を開けた。
    大きな潤のある眼で、長い睫に包まれた中は、
    ただ一面に真黒であった。
    その真黒な眸の奥に、自分の姿が鮮に浮かんでいる。


    自分は透き徹るほど深く見えるこの黒眼の色沢を眺めて、
    これでも死ぬのかと思った。
    それで、ねんごろに枕の傍へ口を付けて、
    死ぬんじゃなかろうね、大丈夫だろうね、とまた聞き返した。

    すると女は黒い眼を眠そうにみはったまま、やっぱり静かな声で、
    でも、死ぬんですもの、仕方がないわと云った。


    じゃ、私の顔が見えるかいと一心に聞くと、
    見えるかいって、そら、そこに、写ってるじゃありませんかと、
    にこりと笑って見せた。

    夢一夜2

    自分は黙って、顔を枕から離した。
    腕組をしながら、どうしても死ぬのかなと思った。





    夏目漱石『夢十夜』
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    コメントフォーム
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    みかB

    Author:みかB
    ドラゴンボールだとか日々の雑記だとか

    ※このサイトはバードスタジオ・集英社・フジテレビ・東映アニメーションとは一切関係がありません。


    web拍手 by FC2

    拍手・コメントはこちらからどうぞ♪



    サイトバナー

    MyPixiv

    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ***

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。