上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    すると石の下から斜に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。
    見る間に長くなってちょうど自分の胸のあたりまで来て留まった。

    と思うと、すらりと揺ぐ茎の頂に、
    心持首を傾けていた細長い一輪の蕾が、
    ふっくらと弁を開いた。

    夢一夜6-1

    真白な百合が鼻の先で骨に徹えるほど匂った。
    そこへ遥の上から、ぽたりと露(つゆ)が落ちたので、
    花は自分の重みでふらふらと動いた。

    自分は首を前へ出して冷たい露の滴る、
    白い花弁に接吻した。

    自分が百合から顔を離す拍子に思わず、遠い空を見たら、
    暁の星がたった一つ瞬いていた。


    夢一夜6-3


    「百年はもう来ていたんだな」と
    この時始めて気がついた。



    (終)



    夏目漱石『夢十夜』



    続きに拍手返信など

    -----


    「夢一夜」がとてもスキで、
    ちょいと王子に手伝ってもらいました。
    画力のなさを本当に痛感しました。
    読んでくださった方の、作品に対するイメージ壊しちゃってたらスミマセン;;;

    この作品は『夢十夜』のタイトル通り、10の短編で構成されているんですが、
    この「夢一夜」だけがひときわファンタジックで、繊細、異色な感じがするんですよね。
    読むたびに強烈な映像が浮かび上がる、
    そこがスキ♪


    拍手ありがとうございます。
    以下、コメント返信です。


    >枕元の王子
    ちょっと年下の王子って感じになってますね;;;;

    >「ちゃんと待ってたでしょ♪でしょ♪(^ω^)」
    だるまさんが転んだ、のようですねwwwww
    最後は真後ろにいる、というwwww
    で、きっと、解除信号は「ぎゅ!」なんでしょうねー!
    私はたぶん、他のことしながら、場所は変わらずそこにいると思います。
    ときどき探しに行って、結局見つからず、そこに戻ってくるwww


    >お久しぶりです
    こんにちはー(^O^)ノ
    先日の絵チャでは、私、後から入室したので、ご一緒できたのは最後の最後だけでしたが、
    次の機会またよろしくお願いします♪
    >授業で少し触れて
    まあ、最近の教科書には『夢一夜』が載っているんですか!
    ハイセンスですね・・・・!
    もし私がこれを授業中に読んだら、先生の話なんて聞かずに
    妄想の世界で1時間過ごしそうですwwww
    好きな作品のイメージ、オレの下手絵で壊しちゃってたらごめんなさい;;;


    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    コメントフォーム
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    みかB

    Author:みかB
    ドラゴンボールだとか日々の雑記だとか

    ※このサイトはバードスタジオ・集英社・フジテレビ・東映アニメーションとは一切関係がありません。


    web拍手 by FC2

    拍手・コメントはこちらからどうぞ♪



    サイトバナー

    MyPixiv

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ***

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。