上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    悟飯じいちゃん、私は大スキです。
    悟空が悟飯じいちゃんに再開して泣くシーンは、読んでるとこっちも嬉しくなってきます。
    「優しいサイヤ人」は悟飯じいちゃんとの関わりの中で成長していくんだけど、
    でも、悟飯じいちゃんは、
    「わしはな~んにもしとらんよ」って言うんだろうなあ。

    深夜、また大きな余震がありましたね;;;
    びっくりして起きたけど、
    震源に近いところで頑張ってる友達、大丈夫だったかな。

    続きに、「関わり」について思うところ。




    震災の被害について、心を痛めていない人はいないと思います。
    何か自分にできることはないかなあと思う人は多いと思います。

    そう思っていろんな活動をしている人もいますが、
    地理的なことや自分の身の回りの制約などで、具体的な活動ができない人も多いでしょう。
    「何もしないで申し訳ない」と居心地の悪さを感じている人もいると思います。

    微力ながらも手助けしたい。
    その優しい気持ちを、遠いところにいる被災した方々に届ける。
    でも、それだけが支援ではないと思うんですよね。

    被災地を思いやる優しい気持ちを、自分の隣人に向けられないかな。

    地震や津波が起こる前、そこには、当たり前の日常がありました。
    家族を思う優しい気持ちだけじゃない。
    あいつのやることが気に入らねえなとか、うまくいかなくて八つ当たりしたりとか、
    そういう気持ちも含めて、震災は全部飲み込んでしまいました。
    その後、そこに残っていたのは、
    ガレキと静寂。

    被災された方々は、愛した人や物を失ったけど、
    気に入らない人や物も失ってしまったんです。

    なくなればいいなと思っていたものが、本当になくなってしまった。
    嬉しかったかな。
    自分の愛する人や物が残っていて、
    なくなったものが、なくなればいいと思っていたものだけだったとしても、
    嬉しかったかな。
    うるせえなと思っていた騒音がなくなり、何の物音もしない世界が広がって、
    ああすっきりしたと思ったかな。

    自分の中にひっかかっていた何かが、本当になくなって清々するほど、
    それは自分にとってイヤなものだったんだろうか。

    誰もいない、何の音もしない、悲しい世界。
    それをTV画面から得ていながら、心で感じながら、
    自分の隣人に向けることをしない偽善。

    遠いところにいる、困っている誰か。
    近くにいる、自分を困らせる誰か。
    何が違うんだろう。

    顔のない人を思いやることができて、
    顔のある人を思いやることができない。
    顔のある人を思いやることもせずに、
    顔のない人を思いやらない人を非難する。
    これが偽善でなくて、何だろう。

    自分が手を差し伸べるべき、本当の人は誰?

    これは自分宛でもあるんだけど。





    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    コメントフォーム
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    みかB

    Author:みかB
    ドラゴンボールだとか日々の雑記だとか

    ※このサイトはバードスタジオ・集英社・フジテレビ・東映アニメーションとは一切関係がありません。


    web拍手 by FC2

    拍手・コメントはこちらからどうぞ♪



    サイトバナー

    MyPixiv

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ***

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。