上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今日は終戦記念日でしたね。
    お盆に終戦記念日がある、
    これは偶然なんでしょうかね。


    つづきにつらつらと。


    私は祖父を知りません。
    父方の祖父も母方の祖父も、戦争で亡くなりました。
    祖母二人はどちらも、3人、4人の子どもを一人で育て上げました。
    そして、どちらも、子どもを失う悲しみも背負いました。

    どちらの祖母も、私にとっては例えれば「ゴッドマザー」で、
    おばあちゃんに甘えた記憶なんてなくて、
    近寄りがたい印象がありましたね。
    自分の二本の足で立つ、強いチカラを子どもながらに感じていました。

    それでも、祖母も、疎開や空襲を経験した父でさえも、
    戦時中の話をすることはほとんどありませんでした。

    父が亡くなる少し前に、
    「戦争の話をしておいた方がいいよ。
    お父さんの世代がいなくなったら、
    戦争のことを話す人はいなくなるよ」と父に言ったことがあります。
    父は「そんなのは本を読めばいいんだ」と言いました。

    父は偏屈で無口でしたので、そのときは「へそまがりだな」と思いました。
    でも、今思うと、
    戦争の話は、声に出したくても出せない記憶だったのではないか。
    祖母にとっても、父にとっても。

    声に出せない感情が、心に澱のように沈んでいる。
    震災で被災された方々も、同じでしょう。

    心に沈む澱は、私の心の中にもあります。
    生きていれば、
    人と関わって生きていれば、
    何等かの澱はできていくのでしょう。

    でも、その澱が、
    国家によって作られるものであってはならない。

    何年時が過ぎても、
    その澱を思うたびに、その日その時間に自分が戻る。

    そんな澱を、
    「国」という妄想の塊のような存在が、
    人々に背負わせてはいけないのです。








    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    コメントフォーム
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    みかB

    Author:みかB
    ドラゴンボールだとか日々の雑記だとか

    ※このサイトはバードスタジオ・集英社・フジテレビ・東映アニメーションとは一切関係がありません。


    web拍手 by FC2

    拍手・コメントはこちらからどうぞ♪



    サイトバナー

    MyPixiv

    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ***

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。