上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    10 18
    2012

    私は今年、子どもの小学校のクラス役員なんですが、
    先日、PTAの連絡事項がありまして、クラスの保護者の方々に連絡網を回しました。

    折りたたみに「連絡網考」。


    一緒にクラス役員をやっている方が、諸事情あって電話を使用できない状況になってしまったため、
    自分ひとりで連絡網を回すことになりました。

    連絡網というものは、だいたい、クラスの人数を何等分かして、
    伝言ゲームのように連絡事項を次の人に電話で伝えていくものです。
    出題者であるクラス役員は、何人かの先頭の人に伝えればいい。
    今回は6人に伝えればいい・・・・だけだったんですが。

    夜7時前にかけて、かかったのは3名。
    他は留守番電話だったので、少し時間を空けて7時半過ぎにかけ直しました。
    しかしそれでもいない。
    こういう場合、いない方は飛ばして、次の方に電話します。
    しかしそこもみんないない。

    家に人がいることもありましたが、
    お母さん不在でおばあさんが出たり、お子さんが出たり、
    そういう場合は連絡事項だけ伝えます。
    留守番電話の場合はそこに要件を入れて。

    いない、いない・・・・で、結局、クラスの半数以上に電話しました。
    なんか途中で、
    「もう全部自分で電話した方が楽じゃね?」
    (連絡網の最後はまた役員に戻ってくるので、待機していないといけないのです)

    最後に1名、留守番電話になっていないお宅があったので、
    時間をおいてかけ直しましたが、夜10時過ぎてもかからないので諦めました。

    なんかね・・・・・
    鶴が機織りしているのを見てしまった気分でしたよ。

    なぜ母親が在宅していないか、その理由はわかりません。
    仕事かもしれないし、
    お子さんの習い事のお迎えかもしれないし、
    近所の実家に行ってるのかもしれないし。

    「自分が一番忙しい」と、つい思いがちです。
    でも、忙しさは様々なんだなあ・・・・と。

    だからといって、
    「もっと大変な人がいるんだから自分ももっと努力の余地があるだろう」なんて思いませんよ。
    「大変」という感情は主観的なものですから。


    保護者会や学校行事でウフフアハハしているお母さまたちも、
    水面下ではいろんなもの抱えて走ってるんだな・・・・と、
    勉強になった今回の出来事でしたw





    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    コメントフォーム
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    みかB

    Author:みかB
    ドラゴンボールだとか日々の雑記だとか

    ※このサイトはバードスタジオ・集英社・フジテレビ・東映アニメーションとは一切関係がありません。


    web拍手 by FC2

    拍手・コメントはこちらからどうぞ♪



    サイトバナー

    MyPixiv

    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ***

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。