上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    さよならトランクスc
    お久しぶりです。
    平常運転に戻ってまいりましたが、
    未来トランクス編の一番いいところをリアルタイムで追えなかったというね・・・・。

    ここでは、未来トランクス編ラスト3話をまとめて総括していきます。

    ネタバレになりますので、続きに続きます。


    ●トランクスは幸せになれたのか

     未来に生きるトランクスはひとりで厳しい世界を生きてきました。
     セル編の続きである今回のストーリーも暗澹たる世界で、
     とにかく、トランクスには、幸せになってほしかった。
     
     では、トランクスは幸せになれたのか。

     それを考えながら、3話まとめて追っていきたいと思います。


    ●大まかな流れ

     ポタラでザマスとブラックが合体。ベースはザマスって感じでしたね。
     光輪も現れ、より神に近いイメージになりました。
     
     で・・・・いろいろ悟空さたちもブルーになったりするんですが、通用しないわけです。
     「あきらめない」を連発するトランクスなんかは、
     気が高まったりするんですが、当然通用しないわけです。

     はっきりと作中では言われてないですけど、覚醒したトランクスはSSJBほどのチカラは出てないでしょうね。

     とうてい敵わないことを理解した悟空は、とうとうこちらもポタラで合体することを決意。
     王子はものすごく拒みますが、現状打開のため、やむなく案を飲みます。

     ここで。
     原作ではポタラは合体したままという設定だったんですが、
     人間がポタラを使うと1時間ほどで元に戻ることが判明。
     ・・・・永遠に戻らないと言っていた老界王神さまがポンコツになってしまいました;;

     ベジットになるとき、ザマスとブラックみたいにくるくる回らなかったのでほっとしました。

     ベジットの余裕感はいいですよね。
     DBの世界ではやっぱり一番強い感じがします。
     自己陶酔するザマスに対してのやりとりも、可愛げがあってよかったです。

     ベジットとなり、さらに進化したベジットブルーはザマスを凌駕しますが、
     1時間たたないうちに時間切れ。
     合体を維持する力を使い果たしてしまったのが原因。

     しかし、ザマスは合体により、人間(ブラック)のチカラを取り込んだため、
     そこが弱点になっていきます。
     チカラを維持できず、ザマスは異形の姿に変化してゆきます。

     悟空さと王子のピンチに現れたのはトランクス。
     ザマスは「またお前か」という感じだったのですが、
     生き残っている人々のチカラと、悟空さ・王子の残ったチカラを剣に受け取ったトランクスは
     ついにザマスを倒すのでした。
     
     元気玉・・・・みたいなものでしたね。
     でも、ブウを倒すために集めた元気玉は、一般の人はサタンのために提供した元気でしたから、
     ブウ編のときの元気玉よりも『正統派』ですね。
     より一層、戦隊モノとかプリキュアっぽい感じ。

     が、完全にザマスが滅んだわけではなく、
     むしろ暴走していきます。
     宇宙になると叫ぶザマスは地球を攻撃し、悟空たち以外の人間を滅ぼしてしまいました。

     なすすべがないように見えた悟空ですが、
     ふと、全王さまからもらったスイッチを取り出します。

     ここからがプリキュアと一線を画すところ。

     呼び出された全王さまは、未来の全王さまなので、当然悟空を知らない。
     悟空に対して「誰?」というシーンは、ちょっと怖い。

     周囲を見渡し、状況がとんでもないことに気づいた全王さま。
     「むかつく」と、かなりかるいノリで言い、破壊を決行します。

     タイムマシンで難を逃れた悟空さたちは一旦現在の時間軸に戻ります。
     みんなをおろした後、再びタイムマシンで、全王さまに破壊された未来に戻ります。
     何もない空間で漂っている全王さまを、現在の時間軸の全王さまに届けました。

     結局、未来の世界は消滅されてしまいました。
     が、ウイスが、消滅するまえの時代に戻ることは可能だと言います。
     当然、その時代にはザマスもいるけれども、
     界王神が消されたことによって消えたビルスさまに、
     ザマスに消される前にザマスを破壊してもらうようにすれば、
     消滅した未来のようなことにはならない。

     ただし、そこにはトランクスもマイも存在するので、
     その世界に戻ればトランクスもマイも二人いることになってしまう。
     
     それでも、みんなが生きている時代がいいとマイが提案を受け入れ、
     トランクスとマイのふたりはその未来に戻っていくのでした。


    ●話の流れ方

     テンポはとてもよく、バトル描写もよかったと思いますが、
     67話はもう少し説明があってもよかったかなと思います。
     時代が交錯して、ちょっとわかりにくかったですね。


    ●全ちゃんマジこわい

     呼ばれて登場した全ちゃんは結果的にすべて消滅させちゃうんですね。
     もう一瞬でした。
     悟空なんかは「むかつくむかつく」とあおるだけでしたが、
     界王神さまたちが説明する間もなかったですね。
     説明する余裕があったら、ザマスだけ消滅できちゃったんでしょうか。

     ただ、宇宙がこういう状態にあることを把握してなかったような感じなので、
     なんというか・・・・善悪を論じてないんですよね。
     
     結局、最後は全王さまがザマスを破壊したことになりますが、
     トランクスの世界も破壊してしまったわけで、
     どちらも痛み分けとなります。
     両成敗的な。
     まさに神の審判。

     全王さまが出てきたときは、どうぜそのスイッチを使うならもっと早く使えばいいのにと思ったんですが、
     こんなコワイの、みんなが生きている状況で使ったらもっと悲惨なシーンになっただろうと思うと、
     最後の最後でしか、やっぱり登場させられないな。
     
     全宇宙が消滅した世界で漂ってる全王さまもこわかったし。
     現在の全王さまに未来の全王さまを引き合わせて「お友達」として紹介しているのも・・・・;;
     大神官さまがウイスのお父さんだったことも判明しました。


    ●ザマスとは何だったのか

     ラストで、ゴワスさまは時の指輪を仕舞いながら、ザマスの名前をつぶやくんですね。
     その音は、ザマスを糾弾する響きはなく、
     いとおしむような響きでした。

     「これは私の罪だ」というゴワスさま。

     正義をつらぬく心から生まれた、今回のザマスの暴走。
     DBにしては、重いテーマだったと思います。
     
     世界はいつも矛盾をはらんでいます。
     過ちと争いと、許しと救済。
     ザマスが振りかざす正義と同じ質の正義を声高に叫ぶ人もいるのです。
     逆に、ザマスの苦しみを完全におかしいということもできない。

     ザマスだけが滅ぶのではなく、
     世界も一緒に滅んだというのも、なんとなくわかるように思うのです。

     さて、この先まだDB超は続きますが、
     これ以上のテーマを持った、矛盾を抱えた敵キャラ、現れますかね・・・・。
     

    ●未来を守れなかったトランクス

     トランクスが復元された未来に戻るとき、悟飯が現れるんです。
     トランクスは現在の悟飯に、自分の師匠である悟飯を重ねます。

     もうね・・・・このシーンだけで、今までのわやくちゃはチャラですよ。
     泣きました。
     
     トランクスは、師匠に重なった悟飯に、
     「オレは未来を・・・・」とつぶやいて泣くんですね。

     私は、この言葉に続く言葉は「守れなかった」だと思うんですよ。
     トランクスがこれから行く未来は、自分がいた未来じゃない。
     もう別の未来なんです。

     セル編で時間の流れを変えたトランクス。
     神さまはある意味、それを許さなかったとも言えます。
     トランクスが守ってきた未来は消えてしまったんです。
     ハッピーエンドじゃなかったんですよ。
     ブウ編のときのような、ドラゴンボールで地球復活・・・・みたいなエンドを考えていましたが、
     それよりはるかに重い結末でした。
     トランクスは重い荷物を背負って生きていく。

     未来のレジスタンスの仲間たちの努力も、現在からやってきた悟空や王子の助けも、
     全部、願いはかなわなかった。

     新しい未来に行ったところで、そこは本来、トランクスたちがいるべきところではない。
     でも、それでも、その新しい未来を生み出せたのは、
     トランクスの、世界を守りたいという願いの強さとその行動を、
     ビルスさまやウイスがきちんと見ていて、チカラを貸してくれたということだと思うんですよ。
     決して、無駄ではなかった。
     
     しかも、現在が、悟空が存在して、ザマスがいない世界というのは、
     トランクスのおかげでもあります。
     トランクスは今の悟空たちを守ったんです。

     ビルスさまがトランクスのことを「おい、未来」と呼ぶんです。
     いいですよね。
     トランクスは、未来。
     あの未来を生きた人はトランクスとマイだけになってしまったけれど、
     ふたりがいる限り、あの未来は生き続けるんだと思います。

     未来をどのように復活させたのか、
     その未来でザマスをどうやってビルスさまが破壊したのか、
     未来でトランクスたちがどう生きていくのか、
     それについての描写はありませんでした。

     ひっそりと静かに、新しい未来で生きていくのかな・・・・。
     でも、マイがいて本当に良かった。
     ひとりじゃない。

     今度こそ、幸せになってほしい。
     さよなら、トランクス。
     
     
     
    さて、次から少しつなぎ回ですね。
    明後日の放送には間に合わなさそうですが、
    順次、感想をアップしていきます~。

    ものすごく長い記事になりましたが、
    ここまで読んでくださってありがとうございました。


    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント

    maitukaさま

    お待たせしてしまって申し訳ないです。
    まだ放送に追いつけなくてすみません;;
    なんとか年内に追いつけるよう頑張ります。

    トランクス編、否定的な意見もあったようですよね。
    共感していただけて嬉しいです。
    これからも楽しんでいただければ幸いです!

    No title

    お久しぶりの感想。うれしいです。トランクス編のラストはそれは賛否両論で私自身も(他の感想も見て)もやっと感があったのですが、一番私と近い感じ方の感想で、ほっとしました。またいつものペースに戻られますか?楽しみにしています。
    トラックバック
    トラックバックURL
    コメントフォーム
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    みかB

    Author:みかB
    ドラゴンボールだとか日々の雑記だとか

    ※このサイトはバードスタジオ・集英社・フジテレビ・東映アニメーションとは一切関係がありません。


    web拍手 by FC2

    拍手・コメントはこちらからどうぞ♪



    サイトバナー

    MyPixiv

    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ***

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。