上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    親子かめはめ波

    拍手返信。
    >「あくまで髭剃りがほしかった」
    吹きました。
    この台詞おかしすぎます!ナイスです!
    もし私が販売員で、こんなお客さんが来たら笑わないでいられる自信がありません。
    女子が男性用シェーバー持って「これが目的だ」と力説する姿・・・(笑)
    乙女ですな!


    さて、今週のBSフジの「Z」は「悟空から悟飯へ・・・ 父の魂は伝わった」でした。
    改はセル編が始まったばかりなのに、Z見ちゃってるもんだから、既に心は蛍の光。
    本編ではセルの独白が続き、
    「父の魂」は悟空とドクター・ゲロのダブルミーニングなんだと気づきました。
    (↑ほんとなのか・・・)

    「悟飯の後ろに立つ悟空の姿は、幻影か、それとも・・・!」
    ~CM~
    「次回、『戦いは終わった!』」
    なるほど!これが噂のネタばれ次回予告か!
    ま、引き伸ばしとネタばれ次回予告はアニメの伝統ですが。

    悟飯はベジータをかばってセルの攻撃を避けきれず、
    片手にダメージを受けます。
    片手一本のかめはめ波、といえば、思い出しますね。
    悟空の対ピッコロ大魔王戦です。

    鳥山先生が意図的に持っていった設定なのか、偶然なのか、
    その辺はわかりませんが、
    悟空と悟飯の違いがよく出ているので、少々考えてみました。

    ピッコロ大魔王戦のとき、悟空は「もうだめだ」とは思いませんでした。
    残った片手で、自分に何ができるか考え、
    かめはめ波でピッコロ大魔王に近づくことを考えます。
    同じような状況で、悟飯は「もうだめだ」と思ってしまうんですね。

    あきらめない悟空と、あきらめる悟飯。

    鳥山先生は、「あきらめる」行為を地球人の血を持つ悟飯に与えました。
    つまり、「あきらめない」という行為は超人的な意識だと考えていたのではないでしょうか。

    鳥山先生は、サイヤ人と地球人の能力差をはっきり示しています。
    地球人はサイヤ人の力に、早いうちからついてゆけなくなります。
    弱いけれども、他者を思いやる心を持つやさしい民族。
    ヤムチャにしろクリリンにしろ、ハーフである悟飯、トランクスにも同じような部分がベースにあります。
    最終的には、地球人たちは戦いから遠く離れたところで生活することになります。

    あきらめる、とか、見切りをつける、とか、
    鳥山先生は否定的ではなく、肯定的にとらえているように感じます。
    あきらめるのも、見切りをつけるのも、
    世間と折り合いをつけて生きていく、これが普通の姿なんだと。

    あきらめない精神。
    自分の能力に対する異常なまでのこだわり。
    人間にもこういう人はいますが、稀です。つまり、天才だけがそれをできるのです。
    「あきらめない」なんて言葉に出すのは簡単ですが、
    やろうと思ったら簡単なことではない。

    じゃあ、一般人はどうなの?
    その問いに対する答えを、親子かめはめ波に見ることができます。
    他者の力を借りることで、「あきらめない」が生まれるのです。

    親子かめはめ波に悟空の力が含まれているとすれば、
    解釈の違いがあると思いますが、私は気持ち的なものだけだと思います。
    セルを撃破するほどの気の力は悟飯のもの。
    ですが、そこまで悟飯の力を引き出したのは、悟空の支え。

    人間は弱い。
    でも、他者の支えによって、能力以上の力を発揮することができる。
    「あきらめる」を「あきらめない」力に変えることができる。
    そんなメッセージを、私は親子かめはめ波から受けました。



    一人でがんぱることには限界があります。
    前々回のはやぶさの話だって、
    多くの人が力をあわせたから、最後まであきらめずにがんばることができたのです。

    はやぶさは国家プロジェクトですから、
    たくさんの人が関わっているのは当然なのですが、
    自分を含めて、最低3人。
    同じ思いを持つ人がそれだけでも、現状を打破できると私は考えます。
    根拠のない考えですが、経験値として。

    「Dragonball」だって、鳥山先生の力によるところも大きいですが、
    編集者や読者の力があってこそ、大作になったわけで。


    ただ、本当にあきらめられないことは、
    一旦あきらめてもまた元に戻ってきますよね。

    絵を描いて、あきらめて、また今自分は絵を描いている。
    なら、あきらめなかったらよかったじゃん!
    ・・・とも思います。そしたら、もっとモノになってたかも。
    でも、あきらめた時期を含めて今の自分が形成され、
    その結果として今絵をまた描いているわけだから、ま、それも受け入れよう。
    ・・・自己弁護???

    本質的な部分は、変わらないし、変えられないってことなんでしょうね。
    バカは死ななきゃなおらないって言葉もありますが(涙)







    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント

    8choco8さま

    こちらこそありがとうございました!嬉しいです。

    私も過去いろいろあきらめたことがありますが、
    今でもあきらめてます。部屋の掃除とか片付けとか・・・。

    jam0815さま

    肯定的なあきらめも必要ですよね。
    こだわってると生活できない部分はありますね。我々は地球人ですから。

    No title

    こんばんは。
    拍手をありがとうございました。
    リンクも大変うれしいです!早速リンク貼らせて頂きました。

    自分の子供がまだ七歳なので「諦めちゃ駄目だよ」と言いますが、もう少し成長したら「諦めも肝心」と話すと思います。
    一握りの人間は諦めないで大成しますが、実際は諦めることで前に進める人の方が多いと思います。
    自分も過去にいろいろ諦めました(笑)
    すみません、言いたいことが纏められなくなりましたが、みかBさんの仰る事わかります。

    No title

    なんか感動して泣きそうになりました。地球人は一人では生きて
    いけません。みんなの力で生きています。
    肯定的なあきらめも時には必要だし…
    トラックバック
    トラックバックURL
    コメントフォーム
    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    みかB

    Author:みかB
    ドラゴンボールだとか日々の雑記だとか

    ※このサイトはバードスタジオ・集英社・フジテレビ・東映アニメーションとは一切関係がありません。


    web拍手 by FC2

    拍手・コメントはこちらからどうぞ♪



    サイトバナー

    MyPixiv

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ***

    Page Top

    Powered by FC2 Blog |

    FC2Ad

    | Template Design by スタンダード・デザインラボ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。